紬 -tsumugi- [柿渋染/市松織 反物]|伽羅色(きゃらいろ)

 

 『着物を誂えるように、衣を誂える。』

反物からのオーダーメイド。

 

繊細なグラデーションの美しい、

柿渋染めの絹布です。

 

染め上げる過程で

糸の染付き方の差によって、

自然のグラデーションが生まれます。


又、柿渋で染め上げた糸を

雪の中で寝かせ、

柿渋特有の香りを取り去り、

色合いに深みを与える

 

「雪中枯らし」という技法により

 丁寧に仕込まれた

生糸を緯糸に用い、

 

経糸には生糸の他に、

綿状にした繭を人の手で紡いだ

「真綿糸」を用いています。

 

生糸のなめらかさと

真綿糸の素朴さとが相まって

絹ならではの優雅な光沢の中に

温かみを感じられる素材です。

 

カラーは柔らかい

黄みがかった茶色。

 

柿渋染めによるグラデーションと

市松模様の凹凸により、

光線や角度によって

色彩が変化します。


布の陰影やドレープをお愉しみいただける、

身体をすっぽり包み込むデザインの

ワンピースコートに、

 

袴パンツ

[MAKU] スカート / パンツ

コーディネートのアクセントに、

とっておきの一枚におすすめの素材です。 

 

 

素材 : 

絹100%(柿渋染・生糸 / 手紡ぎ真綿糸 )

布巾:約42cm

 

生地について :

こちらの商品は新反です。

 お取扱い方法をさらに詳しく →

布見本のご請求はこちら →

 

 

『着物を誂えるように衣を誂える。』

日本の布の衣のコンセプト →