絹紅梅 -kinukobai- [絹-silk/苧麻-ramie 反物]|白鼠色

『着物を誂えるように、衣を誂える。』

反物からのオーダーメイド。

 

トンボの羽を思わせる、

ハリと透け感が魅力の

涼やかな印象の布。


紅梅織(こうばいおり)という

少し太めの糸を格子状に織りこむことによって

布に強度を持たせながらも

ごく細い地糸による

繊細さと軽やかさも兼ね備えた織物です。


地糸には絹糸を使い、

格子には麻の中でも

特に光沢感や丈夫さ、

清涼感のある苧麻を使っているため、

 

絹の光沢と苧麻の丈夫さといった、

それぞれの素材の持ち味を引き立たせた

魅力のある布です。


カラーは白鼠色。


白生地を明るいグレーに染め上げました。

格子の部分には染料が入らずに

生成りのまま残るため、

奥行きのある色彩です。

 

ハリと透け感のある素材ですので

ショールローブが特におすすめです。

 ふんわりとした、

涼やかな印象のお仕立て上りです。 

 

 

素材: 

絹60%・苧麻40%(絹紅梅・白鼠色

布巾:約42.5cm

>>色違いもございます。『絹紅梅 -kinukobai- [絹/苧麻 反物]|生成り』

 

生地について :

こちらの商品は新反です。

 お取扱い方法をさらに詳しく →

布見本のご請求はこちら

 

  

『着物を誂えるように衣を誂える。』

日本の布の衣のコンセプト →